効果の高いエイジングケアをするなら化粧品選びが重要!

  1. ホーム
  2. 肌の変化に合わせて

肌の変化に合わせて

レディ

朝晩の洗顔後に

肌の状態は、年齢を重ねるにつれて変化していきます。具体的には、20代前半頃まではターンオーバーが活発に行われているため、新しい肌細胞によりみずみずしい状態が持続します。しかし20代後半頃からターンオーバーのペースが落ち、肌表面には水分が抜けた上にメラニン色素が混ざり込んだ肌細胞が残りやすくなります。これが蓄積していくことで、30代以降には乾燥やシミといった肌トラブルが発生するようになるのです。さらに40代以降になると、老化現象によりシワも増えていくことになります。こういった肌の衰えを防ぐために、多くの女性が基礎化粧品によるエイジングケアに力を入れています。もちろんエイジングケアは、肌の変化に適した方法で行うことが肝心となっています。たとえば乾燥が気になる場合は、水分を多く含んでいる上に、それを保持するヒアルロン酸やセラミドなどが配合されている化粧水を使用します。そしてシミが気になる場合は、メラニン色素の生成を抑えるビタミンC誘導体やコウジ酸などが配合された美容液を使用するのです。また、シワが増えてきた場合には、肌にハリを与えるコラーゲンが配合されたクリームを使うことが、改善に効果的とされています。さらに近年では、ターンオーバーを促す幹細胞培養エキスが配合された基礎化粧品も、エイジングケアに使われるようになっています。ただしいずれも、朝晩にしっかりと洗顔をして、皮脂などの余分なものを除去した上で使う必要があります。すると上記の美容成分が肌にしっかりと浸透することから、エイジングケアの効果が出やすくなるのです。